アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • 旧式 (2)

    旧式の表紙画像

    6

    11

    全6ページ
    読了時間:約25分
    公開:2016/07/20 00:56
    更新:2020/04/13 14:13
    ページ更新:2016/09/14 09:44
  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    完結
  • 概要

    チビで目立たない男子高生と、
    背高ノッポのアラサー化学教師。

    キャラ設定を活かせてないが、
    写真部の部員と顧問の話。

この作品のレビュー

    まだレビューが投稿されていません

コメント

  • しずく
    2016/07/31 11:38
    >>せい
    ああああありがとうございます!
    暗室や酢酸を完璧にイメージ出来る同胞がいるとは期待していませんでしたが、せい様ったら多方面にお詳しい(*^^*)
    最近の若者たちに再ブレイクの兆しの使い捨てカメラ「写るんです」をニュースで見ながらバイト時に分解して取り出したフィルムが懐かしく、恋愛よりも場の雰囲気に重き(?)を置いてみました。
    あの異空間・酢酸臭の中で初体験しちゃったらもうノーマルプレイでは満足出来な…(以下自粛)
  • せい
    2016/07/31 09:54
    しずくさん、こんにちはです。

    定期的に訪問するとUpされていて嬉しくなります。
    大学で写真の授業があって、いろいろ思い出しました。その頃はデジカメなんかなくって写真を撮ったら現像してもらうのが当たり前で、写真屋さんがアチコチにありましたよね。
    四つ切、六つ切り!!フジフイルム!(バレーも強かったよねw)

    そしてセイフライトと同じくらいキタ!っていうのが酢酸。あの匂い。
    あの狭い水と琺瑯のバットしかない中、つねに酢酸ですよね、酢酸!

    プラトニックがずいぶん長いこと熟成した中、酢酸臭の中でのキス!うっひゃああ!って
    あの暗さ、赤さ(ドラマほど赤くない、たしかにw)
    いつものガチムチ系じゃないテイストもかなり素敵だわと、ノスタルジック。


    何が言いたいかといいますと・・・かなり好き!!!ということでございます。

    (変なテンションですいません)

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する